弁護士や司法書士に相談して慰謝料を勝ち取る|万人受けする法の番人

弁護士

過払い金を取り戻す

女性

収入が足りなく、必要な支払いのために借金をしたという人は、利子を払いすぎていないか検討する必要があります。法律で利子は定められていますが、ある年を堺にその法律が一部改定されました。このことをきっかけに払い過ぎた利子、いわゆる過払い金を取り戻すことができるようになったのです。つまり、過払い金が戻れば一向に減らない借金を完済したり、場合によってはお金を得ることができたりします。また、過去10年以内の借金なら過払い金を取り戻すことができるので、過去に借金をしたことがある人は過払い金がないか弁護士や司法書士に依頼しましょう。東京にある弁護士事務所や司法書士事務所の中には過払い金を專門に取り扱っている事務所があります。中には、東京都内で過払い金の無料相談会を設けているところもあります。手軽に相談することができるので、だれでも過払い金の有無について把握することが可能です。

東京の弁護士や司法書士では過払い金の相談や依頼をしても高い報酬額を請求されることはありません。そのため、手元にお金が残っていない状態でも安心して過払い金の相談をすることができます。報酬額は取り戻せた過払い金の約20%が一般的です。自分から払う必要がないので、依頼者は損をすることなく取り戻した過払い金だけを得ることができます。多額の借金をしていた人や、何年も借金の返済を支払い続けていたという人は、その分多くの過払い金を取り戻せる可能性があります。まずは一度、東京の弁護士か司法書士に相談しましょう。ちなみに、司法書士の場合、活動内容に一部制限が設けられています。過払い金の請求額が140万円を越える場合、司法書士は交渉や提訴の代理権が持てないため活動が制限されてしまいます。そのような場合は弁護士に依頼すると適切です。東京には弁護士も司法書士も両者がいる事務所もあります。そこに依頼すればスムーズに相談や手続きができ、手軽に過払い金を取り戻すことが可能です。